1996年10月25日開催

第2回国際通貨シンポジウム
「ニクソン・ショックから25年 相場安定への新たな模索」

 

 

アドビリーダーのダウンロード※閲覧にはAdobe Readerが必要です。

司会 小島 明 (日本経済新聞社論説副主幹)
主催 国際通貨研究所、日本経済新聞社

パネリスト(発言順)

宮澤 喜一 (元内閣総理大臣・大蔵大臣)

ポール・A・ボルカー (米国連邦準備制度理事会 前議長)

ヘルムート・シュレジンガー (独連邦銀行 前総裁)

※シンポジウムの詳細はプログラムをご覧ください。
※シンポジウムの内容についてはオケージョナルペーパーNo.2(日本語のみ)をご覧ください。