2003年11月18日開催

第12回国際金融シンポジウム
「アジア通貨体制の将来-人民元、ドル、円の役割」

 

アドビリーダーのダウンロード※閲覧にはAdobe Readerが必要です。

 

司会 行天 豊雄 (国際通貨研究所理事長)
主催 国際通貨研究所、産経新聞社、経済広報センター

パネリスト(発言順)

 陳 元(チェン・ユアン) (中国国家開発銀行 行長)

 


張 燕玲(チャン・ヤンリン) (中国銀行 副行長)

 

サコン・イル (韓国世界経済研究院 院長、元韓国財務大臣)

 

イェスパー・コール(メリルリンチ日本証券チーフ ジャパン アナリスト、マネージング ディレクター)



藤森 義明 (GEアジア・パシフィック 代表取締役社長)



張 富士夫 (トヨタ自動車 社長)



黒田 東彦 (内閣官房参与、元財務省財務官)

※シンポジウムの詳細はプログラムをご覧ください。
※ シンポジウムの内容については、Occasional Paper第14号をご参照ください。