2008年3月11日開催

第16回国際金融シンポジウム
「サブプライム危機と国際金融の新局面 ~危機の教訓とこれからの国際金融・通貨体制の展望~」

 

司会 篠原 興 (国際通貨研究所専務理事)
会場 東京會舘 9階ローズルーム
主催 財団法人国際通貨研究所
メディア
パートナー
日経BP社(NBオンライン)
パネリスト 行天 豊雄(国際通貨研究所理事長)
小島 明 (日本経済研究センター会長)
榊原 英資 (早稲田大学教授)
ロバート・A・フェルドマン (モルガン・スタンレー証券 マネージング・ディレクター、経済調査部長)
(敬称略・五十音順)
基調講演 セッション1
 「サブプライム危機の現状とドルの行方」(講演資料)
 講師:竹中 正治 (国際通貨研究所経済調査部長・チーフエコノミスト)

セッション2
 「日本経済:焔はごうごう、釜はぐらぐら」(講演資料)
 講師:ロバート・A・フェルドマン (モルガン・スタンレー証券 マネージング・ディレクター、経済調査部長)

※シンポジウムの詳細はプログラムをご覧ください。
※シンポジウムの内容については、Occasional Paper第18号をご参照ください。