2010年3月18日開催

第19回国際金融シンポジウム
「ポストクライシスの国際通貨体制を考える~基軸通貨の将来像とアジアの使命~」

 

司会 行天 豊雄 (国際通貨研究所理事長)
会場 経団連会館2階 国際会議場
主催 財団法人国際通貨研究所
開会スピーチ 渡辺 喜宏 (国際通貨研究所専務理事)
※スピーチ資料はこちら(日本語・英語併記)
パネリスト ジョセフ・E・スティグリッツ (コロンビア大学教授)
※スピーチ資料はこちら(英文のみ)
中尾 武彦 (財務省国際局長)
「国際通貨システム改革をめぐる諸問題についての考え方」
※スピーチ資料はこちら(日本語英語)
トマッソ・パドア・スキオッパ (プロモントリー・フィナンシャル・ヨーロッパ会長)
高海紅 (中国社会科学院世界経済政治研究所国際金融研究室主任)
※スピーチ資料はこちら(英文のみ)
榊原 英資 (早稲田大学教授)
(敬称略・発言順)

※シンポジウムの詳細はプログラムをご覧ください。
シンポジウムの内容についてはOccasional Paper第21号(日本語版英語版)をご参照ください。