2012年10月2日開催

国際シンポジウム
「持続的成長と金融の安定 ~社会・経済ガバナンスへの教訓~」

会場風景

 

会場 経団連会館 4階 ダイヤモンドルーム
主催 独コンラート・アデナウアー財団(KAS)、
マレーシアGlobal Movement of Moderates財団(GMMF)、
国際通貨研究所
主なスピーカー
(敬称略)
中尾 武彦 (財務省財務官)
アワン・アデック ビン フッスィン (マレーシア第二財務副大臣)
崔 鍾泰(チェ・ジョンテ) (韓国経済社会発展労使政委員会 委員長)
ミヒャエル・マイスター (ドイツ連邦議会議員CDU/CSU会派)
フォルカー・シュタンツェル (駐日ドイツ大使)
白石 隆 (政策研究大学院大学学長)
ファン・ガン (中国経済改革研究基金会 国民経済研究所所長)
その他
セッション セッション1 これまでの危機を振り返って
セッション2 社会・経済ガバナンスのモデル ~欧州とアジアの視点から~
セッション3 良い社会・経済ガバナンスのあり方 ~持続的成長と包摂的な社会を目指して~

※シンポジウムの詳細はプログラムをご覧ください。
Newsletter2012年第23号で、開会スピーチと、ミヒャエル・マイスター ドイツ連邦議会議議員、中尾武彦財務官の発言内容を要約しています。
※シンポジウムの内容についてはOccasional Paper第23号(英語版のみ)をご参照ください。