2018年2月22日開催

第26回国際金融シンポジウム
「グローバル金融危機から10年 ~変貌した世界経済、その背景と今後の展望~」

会場風景

 

会場 経団連会館2階 国際会議場
主催 公益財団法人 国際通貨研究所
モデレーター/パネリスト 渡辺博史(国際通貨研究所 理事長)
開会スピーチ 倉内宗夫(国際通貨研究所 専務理事)
※スピーチ資料はこちら(英語のみ)、
 スピーチ原稿はこちら(英語のみ)

パネリスト

浅川雅嗣(財務省 財務官)

※スピーチ資料はこちら(英語のみ)、
スピーチ原稿はこちら(英語のみ)


ディワ・ギニグゥンドゥ(フィリピン中央銀行 副総裁)

※スピーチ資料はこちら(英語のみ)

ランダル・クォールズ(FRB副議長 金融規制担当)

※スピーチ原稿はこちら(英語のみ)

クラウス・レグリング(欧州安定メカニズム(ESM)総裁)

※スピーチ原稿はこちら(英語のみ)

アンドリュー・シェン(香港大学アジアグローバル研究所 特別フェロー中国銀行業監督管理委員会 首席顧問)

※スピーチ資料はこちら(英語のみ)

※シンポジウムの詳細はプログラムをご覧ください。

※シンポジウムの内容についてはOccasional Paper第36号(日本語版英語版)をご参照ください。