2020年

国際通貨研究所メールマガジン第105号
渡辺 博史 「欧州の悩み」
渡邊 隆彦 「ESG評価会社の影響力」
第105号(2020年12月1日/日本語)
 

国際通貨研究所メールマガジン第104号
渡辺 博史 「動かない為替市場」
山上 秀文 「EUの続く試練―コロナ危機下で不透明感を増すBREXIT」
第104号(2020年11月2日/日本語)
 

国際通貨研究所メールマガジン第103号
渡辺 博史 「法的規制と自粛の前提」
藤末 浩昭 「サステナブル・ファイナンスと公的支援を考える」
第103号(2020年10月1日/日本語)
 

国際通貨研究所メールマガジン第102号
渡辺 博史 「残すべきものの基準」
絹川 直良 「「国際金融」授業の試行錯誤」
第102号(2020年9月1日/日本語)
 

国際通貨研究所メールマガジン第101号
渡辺 博史 「トリアージ」
勝 悦子 「ポスト・コロナ時代の大学のあり方」
第101号(2020年8月3日/日本語)
 

国際通貨研究所メールマガジン第100号
渡辺 博史 「リアルとは?」
倉内 宗夫 「営々たる努力の結果」
第100号(2020年7月1日/日本語)
 

国際通貨研究所メールマガジン第99号
渡辺 博史 「『峻別』」
岩岡 聰樹 「コロナウイルスとサステナビリティ」
第99号(2020年6月1日/日本語)
 

国際通貨研究所メールマガジン第98号
渡辺 博史 「ヒトをみる仕事」
村瀬 哲司 「『仏教経済学』のすすめ」
第98号(2020年5月1日/日本語)
 

国際通貨研究所メールマガジン第97号
渡辺 博史 「距離感」
倉内 宗夫 「脱炭素社会と水素エネルギー」
第97号(2020年4月1日/日本語)
 

国際通貨研究所メールマガジン第96号
渡辺 博史 「六分の一」
森 純一 「『ドイツのパン屋のレシート義務化』― 現金決済の国ドイツらしい話」
第96号(2020年3月2日/日本語)
 

国際通貨研究所メールマガジン第95号
渡辺 博史 「英語の世界」
松井 謙一郎 「ITと国家・企業・ビジネスについて考える」
第95号(2020年2月3日/日本語)
 

国際通貨研究所メールマガジン第94号
渡辺 博史 「庚子の年」
倉内 宗夫 「FATFとステーブルコイン(リブラ)」
第94号(2020年1月6日/日本語)