当研究所のレポートを地域別、テーマ別に検索することができます

経済・政治

2024年5月14日 IIMAコメンタリー ドルサイクルとドルスマイル理論(橋本 将司)
2024年5月10日 IIMAコメンタリー ベトナムの輸出拡大は今後も継続するか(小宮 佳菜)
2024年5月10日 国際通貨研レポート エジプトの対外債務と支援状況 ~アラブ諸国の支援は強化も、債務削減に向けた取り組みが重要~(五味 佑子)
2024年5月1日 国際通貨研レポート 今回の円安を大局的にどう考えるべきか?~インフレ・競争力低下・変動相場制から考える大幅な円安の評価~(橋本 将司)
2024年5月1日 外部寄稿 金融庁「ASEAN諸国における金融分野での気候関連テクノロジーの動向および各国の取り組みに関する委託調査」報告書(経済調査部 主任研究員 福地 亜希 他)
2024年4月24日 IIMAコメンタリー 足元のドル高・円安は購買力平価と金利差で説明できるか(岩岡 聰樹)
2024年4月22日 IIMAコメンタリー 円安と日本経済悲観論(森川 央)
2024年4月16日 IIMAコメンタリー 大統領選後の米国分裂リスク ー 金井光大朗教授の指摘(絹川 直良)
2024年4月9日 外部寄稿 週刊エコノミスト(2024年4月16・23日号)の「世界経済入門」に橋本 将司 上席研究員が「ドル・円相場の実勢が購買力平価より円安である理由を考える」を寄稿しました。
2024年4月8日 外部寄稿 一般財団法人外国為替貿易研究会「国際金融」第1379号(2024.4.1発行)に篠原 令子 上席研究員が「OECD諸国の独立財政機関について」を寄稿しました。
2024年4月3日 国際通貨研レポート 不況に陥る2023年の中国経済~2024年の改善は可能か~(梅原 直樹)
2024年4月3日 国際通貨研レポート 2023年上半期の中国の経済状況と2024年に向けた政策対応への期待と不安(梅原 直樹)
2024年4月2日 国際通貨研レポート 宣伝部門や国家安全部門も動員して不況色の払拭に取り組む中国~言論統制が経済をさらに悪化させるリスクはないか?~(梅原 直樹)
2024年4月2日 IIMAコメンタリー 途上国の公的債務の拡大と貸し手の多様化(篠原 令子)
2024年3月28日 国際通貨研レポート 主要国のサプライチェーンにおける中国からの生産移転について(福地 亜希)
2024年3月28日 国際通貨研レポート インドネシアにおける大統領選挙結果と新政権の課題(福地 亜希)
2024年3月28日 国際通貨研レポート 活況なメキシコ経済~サービスインフレへの対処が課題(森川 央)
2024年3月26日 国際通貨研レポート 途上国の公的債務問題~急がれる貸し手の多様化への対応~(篠原 令子)
2024年3月18日 国際通貨研レポート ブラジル経済の現況~景気は踊り場を迎えつつある(森川 央)
2024年3月14日 IIMAコメンタリー ショック療法下のアルゼンチン経済の現況(森川 央)
2024年3月11日 国際通貨研レポート 堅実な政策路線を歩むイタリアのメローニ政権(篠原 令子)
2024年2月26日 外部寄稿 一般社団法人金融先物取引業協会に「新興国通貨の基礎知識~総論」(森川上席研究員)を寄稿しました。
2024年2月26日 外部寄稿 一般社団法人金融先物取引業協会に「新興国通貨の基礎知識~ブラジル」(森川上席研究員)を寄稿しました。
2024年2月26日 外部寄稿 一般社団法人金融先物取引業協会に「新興国通貨の基礎知識~ポーランド」(並木研究員)を寄稿しました。
2024年2月8日 IIMAコメンタリー 世界のマネーフローの変調と通貨の強弱 (岩岡 聰樹)
2024年2月6日 IIMAコメンタリー ガザ紛争のあとさき 中東開銀が蘇るのはいつ(福田 幸正)
2024年1月16日 国際通貨研レポート 政権発足から100日が経過したセター新政権の政策運営とタイ経済の課題(福地 亜希)
2024年1月12日 外部寄稿 一般財団法人外国為替貿易研究会「国際金融」誌第1376号(2024.1.1発行)に梅原 直樹 上席研究員が「不況に陥った2023 年の中国経済―2024年の改善は可能か」を寄稿しました。
2024年1月10日 国際通貨研レポート カンボジアの経済概況とフン・マネット新政権の課題(小宮 佳菜)