2015年度

2015年度のテーマ

1.アジア金融協力に関する事業

アセアン地域の債券市場育成をテーマに、インドシナ半島4ヵ国の政府、中銀、証券委員会の役職員を対象に研修事業を実施しました。(昨年度から3年継続実施案件)
研修の一部は、同時期に他の本邦政府機関で研修中だったアジアの金融当局者にも公開で実施されました。

2.中東北アフリカ地域の金融協力に関する事業

アルジェ、アブダビなど現地に赴き、短期集中の金融市場整備に関するセミナーを開催しました。テーマは、長期金融、公的金融、債券市場育成などで、参加者は、中東北アフリカのイスラム圏諸国の財務省、中銀の役職員です。原油価格の低下による歳入減から、中東北アフリカの産油国では国債発行需要が高まっています。参加者から大変強い関心が寄せられた研修となりました。

3.南部アフリカ地域の金融協力に関する事業

南ア、ジンバブエ、モザンビークなどの南部アフリカ諸国を対象に、開発金融に関する研修を実施しました。参加者は、各国の公的開発系銀行の部長クラスで、高速鉄道や火力発電所などのインフラ見学も実施し、金融理論と実務、資金が使われるインフラ開発案件など、開発系銀行役職員の関心に総合的に応えた研修を実施しました。

4.カントリーリスクに関する調査

ポルトガル、カザフスタン、中国、パキスタン、ナイジェリア、アンゴラ、ロシア、ブラジル、モンゴル、ユーロ圏、マレーシア、インドネシア、トルコ、南アフリカ、タイ、カンボジアのカントリーリスクに関する調査を実施しました。