最近の研究レポート(2004年)

2004年12月27日 APEC首脳会議でのチリFTA戦略の成果(吉田頼且)
2004年12月15日 「タイの証券化インフラ整備の現状と展望」(亀井純野)
2004年12月13日 ユーロに学ぶアジアの未来(古屋力)
2004年12月1日 「タイ金融市場発展には特定ビジネス税(SBT)の完全撤廃が必要」 (絹川直良)
2004年11月29日 タイの証券化インフラの整備について(亀井純野)
2004年11月15日 ブラジルとの経済関係再構築を展望して(原田裕)
2004年11月1日 IMFは新興市場国の債務問題解決へより積極的な関与を(浅見唯弘)
2004年10月29日 アラブ地域の金融協力フレームワーク(志村紀子)
2004年10月15日 第5回ASEM(アジア欧州会合)首脳会合について(松井謙一郎)
2004年10月1日 「東アジアにおける地域金融協力の進展」(志村紀子)
2004年9月27日 ロシアのエネルギー産業(糠谷英輝)
2004年9月15日 「中東欧諸国のユーロ導入の最適な時期はいつか」(西村陽造)
2004年9月13日 中国の金融市場インフラ整備と日本の経験(絹川直良)
2004年9月1日 ロシア金融部門改革の必要性(糠谷英輝)
2004年8月26日 中南米の貿易における中国のプレゼンス増大(北島啓治)
2004年8月9日 進展するシンガポールの銀行セクター自由化(吉田頼且)
2004年8月1日 三極構造の行方と日中関係(行天豊雄)
2004年7月28日 通貨選択における慣性(inertia)と円の国際化(古屋力)
2004年7月12日 東アジア諸国の決済システムについて(亀井純野)
2004年6月25日 潜在大国ブラジル再認識のすすめ(原田裕)
2004年6月15日 「ラテン・アメリカの金融協力フレームワーク」(吉田頼且)
2004年6月15日 済州島でのアジア開銀年次総会とアジアの地域金融協力の進展(志村紀子)
2004年5月31日 中国資本市場改革の進展について(福居信幸)
2004年5月12日 拡大EUの誕生と今後の課題(糠谷英輝)
2004年5月7日 Chinese economy, the Renminbi, and Japan-China relation(行天豊雄)
2004年5月1日 アジア通貨基金研究所(仮称)の設立を(篠原興)
2004年4月26日 外国為替証拠金取引規制につき思うこと(絹川直良)
2004年4月13日 経済発展と資本―ベトナム滞在で考えたこと(森純一)
2004年3月18日 アルゼンチンの経済破綻と民営化企業問題(北島啓治)
2004年3月5日 ラテン・アメリカの地域金融協力フレームワーク(吉田頼且)
2004年2月23日 「人民元建て国債入札に外系金融機関参加」で思うこと(絹川直良)
2004年2月15日 「アセアン+3」に民間諮問委員会の設置を(浅見唯弘)
2004年2月9日 マレーシアの固定為替相場制(中井正敏)
2004年1月27日 タイのフィナンシャル・セクター・マスター・プラン(安部健一郎)
2004年1月13日 東アジアのリテール決済サービスのレベルアップが必要(亀井純野)