最近の研究レポート(2007年)

2007年12月27日 「アジア地域の清算・決済、および証券管理について~地域的展望について~」(宮地正人)
2007年12月27日 「The introduction of Islamic Finance in Japan: Possibilities and Issues」(糠谷英輝)
2007年12月25日 「縮小基調を辿る米国の経常収支赤字~経済成長率格差と米国の経常収支不均衡をめぐる真実~」(竹中正治)
2007年12月21日 経済成長が続くベトナムと債券市場整備の課題(上野義之)
2007年12月7日 米国住宅不況の底入れ時期を探る(竹中正治)
2007年11月26日 「アジア通貨単位(AMU)の意義と経常・資本取引での使用の可能性について」(西村陽造)
2007年11月19日 注目すべき中東湾岸産油国を巡る資金の動き(糠谷英輝)
2007年11月12日 中米地域でのプレゼンス拡大を図る中国(松井謙一郎)
2007年11月1日 「地域通貨金融研究所創設について」(篠原興)
2007年10月24日 「アジアにおける地域証券仲介機関について~アジア地域における清算、決済および証券管理の動向と将来~」(宮地正人)
2007年10月19日 国際通貨としてのグローバル・カーボンの可能性(古屋力)
2007年10月5日 中国経済が抱える過剰投資問題~背景にある低すぎる資本コストと人民元相場~(西村陽造)
2007年9月28日 「過熱する中国経済と「3つの過剰」の原因~低すぎる資本コストと人民元相場~」(竹中正治、西村陽造)
2007年9月27日 「新興ドナー」としての湾岸諸国:関与のあり方と湾岸諸国に期待するもの(福田幸正)
2007年9月3日 米国資産担保証券市場の機能麻痺(竹中正治)
2007年9月1日 「米国の対外純債務の持続可能性とドル相場」(竹中正治)
2007年8月21日 「人民元と中国経済の行方」(行天豊雄)
2007年8月17日 「米国サブプライム・ショックの構図~悪いニュースはまだ続く~」(竹中正治)
2007年8月13日 対外投資の日米比較(佐藤真)
2007年8月6日 「資本移動の自由化を模索するインド~1990年代以降の対外自由化政策の流れとタラポル委員会の勧告の意義~」(松井謙一郎)
2007年8月1日 「地域金融機構への道-CMIの次のステップの示すもの-」(篠原興)
2007年7月23日 ベトナム経済の高成長とインフラ面でのボトルネック(上野義之)
2007年7月23日 ウォン高と過剰流動性(亀井純野)
2007年7月18日 「外資流入による国内の過剰流動性問題とベトナム経済」(西村陽造)
2007年7月13日 「ウォン高と韓国経済」(亀井純野)
2007年7月1日 「円安と日本の投資家のホームバイアス低下」(竹中正治)
2007年6月19日 エタノ-ルブームとブラジル(松井謙一郎)
2007年6月8日 アフガニスタンから見る途上国支援のあり方(福田幸正)
2007年6月4日 「タイの自国通貨相場の上昇圧力と資本移動規制」(松井謙一郎)
2007年5月29日 日本の経済連携協定(EPA)戦略と農業改革(西村陽造)
2007年5月11日 中東とアジアを繋ぐイスラム金融(糠谷英輝)
2007年5月1日 「地域通貨バスケットへの道」(篠原興)
2007年4月27日 アジア諸国の為替相場の上昇圧力と短期資本の流入(竹中正治)
2007年4月16日 グローバル・カーボン・マーケット(古屋力)
2007年3月26日 円売りキャリー・トレードの実態(竹中正治)
2007年3月12日 EUの拡大と今後の課題(亀井純野)
2007年2月23日 アジア通貨危機10周年を迎えて(佐藤真)
2007年2月9日 ベトナム株式市場の熱狂と政府の対(竹田徳浩)
2007年2月1日 「ロシアのエネルギー政策」(糠谷英輝)
2007年2月1日 「地域協力の通貨政策(4)」(篠原興)
2007年1月11日 積極的な海外展開を行うブラジルの優良企業(松井謙一郎)